低糖質ダイエットと血糖値の関係

低糖質ダイエットは、太る仕組みから考えられたダイエットです。
低糖質ダイエットには血糖値が大きく関係しています。食事をしてから30分程度経つと血中の糖度が上昇し、膵臓からインスリンが分泌されます。インスリンには血中のブドウ糖を処理する働きがあり、これによって食後から2時間程度で食事前の状態にまで戻りますが、糖分の摂取が多いと戻り切らずに余ったブドウ糖が脂肪として蓄積されます。また、インスリンが分泌されると肝臓で中性脂肪の合成も促進されます。そのため、食事で急激に血糖値が上昇するとインスリンも多量に分泌され、中性脂肪の合成量も増加して太りやすくなります。
これは摂取カロリーではなく、糖分によって引き起こされるため、カロリーの少ない食事でも糖分が多ければ太りやすくなります。
そのため、低糖質ダイエットでは糖分や炭水化物の摂取を避けたり、食事の最初に野菜を食べ、ゆっくり噛んで食事をすることで血糖値の急激な上昇を抑えることでダイエットを行います。
肌荒れ ドリンク